toggle
お葬式費用が安価な公営斎場をご紹介
2017-08-20

失敗しないお悔やみの言葉の使い方

お悔やみの言葉ですが、意外に多くの方が知らずに使ってる事が多いようです。通夜や葬式で喪主様やご遺族の方に「お悔やみの言葉(挨拶)」をかけることになります。

お悔やみの言葉(挨拶)はシンプルで差し障りのないものを手短に述べるのが良いでしょう。もちろん色々考えた言葉をかけてあげても良いのですが、その事が逆に失礼にあたる言葉もあるので注意が必要です。

また挨拶する時は「病状・死因」を聞くことは失礼にあたります。また「忌み言葉」を使わないようにする事も最低限のマナーです。

お悔やみの言葉

■お悔やみの言葉(挨拶)の例

◎「この度は誠にご愁傷様でした。謹んでお悔やみ申し上げます。」

◎「ご逝去の報に接し、幾多のご厚情を思い、誠に痛惜の念でいっぱいです。心からご冥福をお祈致します。」

◎「ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されます様お祈り致します。」

◎「ご逝去の知らせを受け、ただただ、驚いております。ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り致します。」

◎「○○様のご逝去を知り、驚愕致しております。いたってご壮健と伺っておりましただけに、申し上げるお言葉もございません。皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛下さいませ。ご冥福をお祈りいたします。」

◎「最愛の○○様がお亡くなりになられたお悲しみは、計り知れないものとお察し致します。どうぞお気を強くなさって下さい。心からお悔やみ申し上げます。」

◎「ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。○○様には、幾多のご厚情を受けながら、ご恩返しをする事もできず、痛惜の念もひとしおです。ご冥福をお祈り致します。」

◎「悲報に驚いております。ご家族のお気持ちを思うと胸が痛みます。心から哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り致します。」

お悔やみの言葉(挨拶)は以上のような感じで使いましょう。

「お手伝いする事がありましたら何なりとお申し付け下さい」と付け加えたり、花や供物のある場合は、「どうぞお供え下さい」と、付け加えても良いですよ。

浦和斎場福祉葬
浦和斎場火葬式

価格を抑えながら充実した内容のプラン

家族葬30プラン

家族葬30イメージ
家族葬30価格
専任担当者・役所手続き代行付 豪華な花祭壇をご用意
家族葬30プランは価格を抑えながらも花祭壇を始め、充実した内容の家族葬プランです。お葬式の運営は専任担当者が全てサポート。
家族葬30の詳細ページへ

花祭壇も選べるクラスアップした家族葬

家族葬43プラン

家族葬43イメージ
家族葬43価格
専任担当者・葬祭ヘルパー・役所手続き代行付
家族葬43プランはお好みの花祭壇も選べる充実した内容の家族葬プランです。お葬式の運営と進行は専任担当者と葬祭ヘルパーが全てサポート。
家族葬43の詳細ページへ

価格を抑えながら充実した内容のプラン

一般葬53プラン

一般葬53イメージ
一般葬53価格
専任担当者・葬祭ヘルパー・役所手続き代行付
一般葬53プランは豪華な花祭壇を始め、一般的なお葬式に必要な物を全てセットしたプランです。お葬式の運営と進行は専任担当者と葬祭ヘルパーが全てサポート。
一般葬53の詳細ページへ

花祭壇も選べるクラスアップした一般葬

一般葬83プラン

一般葬83イメージ
一般葬83価格
専任担当者・葬祭ヘルパー・役所手続き代行付
一般葬83プランはお好みの花祭壇も選べ、故人様をお見送りできる一般葬プランです。お葬式の運営と進行は専任担当者と葬祭ヘルパーが全てサポート。
一般葬83の詳細ページへ
関連記事